鍼灸
  • 鍼灸とは?

    身体の特定の部位に鍼や灸を用いて、皮膚やツボに刺激を与える方法病気を治す東洋医学の治療法をいいます。
    使い捨てディスポーザブル針を使用しているので衛生面でも安心して施術を受けていただけます。

    保険で鍼灸治療を受けるには、保険で鍼灸治療を受ける場合は、保険医の診療を受けており、かつ医師の同意書が必要となります。

  • 鍼とは?

    痛みの原因となっている筋肉に対して鍼で直接刺激をすることで、その筋肉の緊張を緩め、血流を改善させることによって痛みを緩和します。しびれなどの神経痛に対しても有効で、鍼の太さも髪の毛ほどしかないため、注射のような痛みはありません。使い捨ての鍼を使用するため感染症の心配もなく安心して受けていただけます。

  • 灸とは?

    痛みの原因となっている部位に対して温熱刺激を与えることで血流を改善させ痛みを緩和します。膝や肘などの関節の痛みに特に有効とされており、燃焼部分が直接肌に触れないタイプの灸を使用するため火傷のリスクを抑えています。

  • 鍼灸保険適用までの流れ

    1.同意書を治療を受けられてる医院、病院等に持参されて必要事項を記入、捺印して戴いてください。
    (同意書は当院でお渡しいたします。又はコチラからダウンロードしていただけます)

    2.記入済みの同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは鍼灸院で行います。

  • 保険で受けられる傷病名

    神経痛・リウマチ・五十肩
    頸腕症候群・腰痛症・頚椎捻挫後遺症・その他

  • 保険適用時の注意事項

    1. 同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。

    2. 最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。

    3. 保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。